ニキビは潰すと早く治るのか

ニキビに関して、「ニキビを早目に治すには潰した方がいい」という話を耳にしたことがある人は少なくないでしょう。顔に出来た目立つニキビは印象もかなり悪く、ついつい潰してしまいたくなります。

 

これから皮膚科の医師の方にニキビを潰す行為に関して伺った内容を、以下にまとめながらご紹介させていただきます。

 

 

本当の意味でのニキビを潰すということとは

学生時代など、「ニキビは潰す」「ニキビは潰さない」の両方に別れて論じ合う経験をされたことがあるのではないでしょうか。実際のところ、どちらの主張も正当性があり、正解と間違いと半分ずつなのです。ただきちんと知っておいてもらいのですが、潰さないほうが原則的には良いのです。その理由としては、潰すにはどうしても直接触れることが不可欠で、潰すという作業でかえって皮膚を傷つけることになり、その傷へ指からの雑菌が侵入して炎症させる可能性が高く、多くの場合さらに症状の悪化を招いていたためです。

 

指でなくピンセットを使用する場合を考えても、サイズ的にニキビの中身のみを取り除くには大きすぎ、やはり周りの皮膚を傷つける確率が高いので得策ではありません。仮にピンセットを使用するにしても、きちんとした除菌や殺菌処理が重要となり、潰すニキビの周辺も含めて念入りに清潔にする必要があります。とはいえ、直接ニキビの中身を取り除くことは有意義です。完全に取り除きその後のケアもきちんとできれば、早く治癒させることもできます。

 

これが本当の意味での「ニキビを潰す」ということで、レーザーや極めて細い針のような器具を使用した外科的な治療法となり、専門である医療機関で十分な衛生環境を確保したうえで行われます。若干「潰す」という意味とは違うイメージかもしれませんね。

 

 

結論

ここまでの話から考えて、「素人判断でニキビを潰すのは禁忌だが、専門的な医療機関での治療は意味がある」というのがこの論争の結論になるでしょう。しかし、あくまでも早い治癒が期待できるという効果なだけで、ニキビの炎症や腫れが治療直後からすぐに治ってしまうということはないですし、ましてやこれからニキビが出来ない肌にしてくれるものでもありません。

 

ニキビの要因となる肌のターンオーバーの崩れを正常化させることを基本とし、洗顔や保湿に常に気を付けながら、生活も健康的なものにしていくことが大切です。

 

関連ページ

ニキビがある肌にメイクをするのはダメ?
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
ピルでニキビは治せるのか
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
ニキビにまつわる誤解
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。