_ニキビがある肌にメイクをするのはダメ?

「ニキビはメイクをすると悪化する」という説をよく聞きますが、これもニキビにまつわるたくさんの噂話のうちのひとつです。

 

これからその噂は実際に真実なのか、ニキビとメイクの関係性について、その信憑性についても考えながら、科学的な根拠をもって紹介していくことにします。

 

 

メイクがニキビに及ぼす影響は?

大人ニキビができる要因のひとつに、メイクを挙げる考えがあります。言われてみれば、毛穴詰まりがニキビの原因となるのですから、毛穴の詰まりに繋がりそうなメイクは避けたほうが無難なように感じられます。とはいえ、メイクを大人ニキビの要因だとするには多少根拠が薄いようです。例えば、メイクを健康的な肌に丹念に施してもそれがすぐニキビにはなりません。

 

こういった明白な理由から、大人ニキビの要因は過剰な男性ホルモンだと言われています。皮脂の分泌が男性ホルモンの増加によって過剰になると、毛穴が詰まる元となり、さらに、角質層が乾燥することで発生する角栓も原因とされています。しかし、刺激の強い物質が含まれた化粧品を使用してしまうと、既にニキビとなっている箇所が炎症をおこすなど悪化させるの可能性は高いため、肌が大きなダメージを受け、結果として別な肌トラブルまで発生することも考えられます。

 

 

ニキビの悪化を防ぐメイク

今現在では、ノンコメドジェニックテストと呼ばれるテストがあります。それは含まれる原料や品質がニキビへ悪影響を及ぼさないという基準を保証するもので、そのテストをクリアした化粧品はニキビの要因が含まれないため安全といえます。

 

コンシーラーを使用することでニキビを隠そうとする人もいるようですが、かえって刺激を与えることで目立たせる可能性もあるため、気になるニキビに対しての化粧品選びは特に慎重になるべきです。

 

また、隠そうとするあまりに厚塗りの化粧をする人も見受けられますが、厚塗りは肌に良くないだけでなく、結果として毛穴詰まりの要因ともなるため、色を上手に補ってカラーの調整具合でカバーするのが良い方法です。

 

 

結論

メイクは大人のニキビの要因と思われがちですが、実は本質的な原因とはなりません。全く影響がないと言い切ることはできませんが、どちらかといえば乾燥とホルモンバランスに注意が必要なので、そちらをメインにケアするようにしましょう。

 

ただし、ニキビがある状態の肌には刺激をあまり与えないほうが良いため、なるべくメイクは抑え、使用するならノンコメドジェニックの安心できる化粧品を選びましょう。きちんと注意するポイントに気を付ければ、メイクそのものは問題ありません。

関連ページ

ニキビは潰すと早く治るのか
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
ピルでニキビは治せるのか
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
ニキビにまつわる誤解
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。