ニキビを予防する食事とは

ニキビケアには焦らずじっくり時間をかける必要がありますが、なかでも正しい生活習慣を日々送ることはニキビ対策においてとても重要です。

 

今回は、生活習慣においても大きな要素を占める食生活に注目し、ニキビ対策には欠かせない食品や栄養素といったものをご紹介します。

 

 

ビタミンA

誰もが良く知っているビタミンAは、主に緑黄色野菜に豊富に含まれている栄養素です。肌の新陳代謝をサポートする作用をビタミンAは持っているため、乱れた肌のターンオーバーのサイクルを整えてくれます。一般的に28日前後のサイクルで肌はターンオーバーを繰り返しますが、加齢などが原因で狂いがちです。

 

サイクルが安定しない状況のままでいれば肌に当然悪く、短めのサイクルであれば不完全な皮膚細胞が表面に出てしまい、長めのサイクルになれば古い角質が溜まっていくため、このサイクルを正常に保つよう促すことは綺麗な肌を生み出すために重要となります。ニキビケアだけでなく、ビタミンAは肌の免疫力も上げてくれる素晴らしい作用があります。

 

ほうれん草やニンジン、カボチャといった野菜やレバーがビタミンAを多く含む食品として知られています。カボチャグラタンにほうれん草やニンジン、レバーを加えたりすればビタミンA豊富な美味しい料理になります。

 

 

ビタミンB

次に挙げるのはビタミンBです。実はビタミンBにはたくさんの種類があるため、正確にはビタミンB群と呼びます。様々な種類がある理由は、当所は一つの物質だと捉えられていたものの、その後に複数の物質で構成されていたことが発見されたためだそうです。このビタミンB群は、お互いに交わりながらエネルギーの代謝を活性化する作用があります。

 

なかでもニキビに対して有効なのが、脂質代謝を調節するB2と肌のターンオーバーを
促すB6などで、過剰な皮脂の増加を予防してくれます。ウナギや納豆にビタミンB2は多く含まれており、肉や魚、ナッツ類やバナナに多く含まれるのがビタミンB6です。

 

 

ビタミンC

続いては誰にもなじみがあるビタミンCです。美容や美肌にビタミンCが効果的といわれるのは良く耳にしますが、それはビタミンCには抗酸化作用と美白作用があり、さらにコラーゲンの生成を促進する効果まであるためです。アンチエイジングに役立ち、美肌にしてくれ、弾力と艶のある肌にしてくれます。

 

ビタミンCは柑橘系をはじめとする果物類や、ブロッコリー、パプリカに多く含まれます。水溶性の性質を持つビタミンCは、ジュースに加工しても破壊されないのが利点です。しかし、比較的熱には弱い性質のため、熱を加える調理法はなるべくやめましょう。

 

 

ビタミンE

ビタミンにはDもありますが、ニキビ効果があるのはビタミンEです。ビタミンEはホルモンのバランスを正常化させてニキビのない肌環境を作ってくれる作用があり、美容の世界では重要だと誰もが認識しているビタミンです。女性ホルモンを優勢にキープさせておければ、余分な皮脂を抑えることに繋がり、結果として毛穴の詰まりも予防できます。

 

今回ご紹介したビタミン各種においても、ビタミンEはニキビに直に影響する栄養素のため、積極的に取り入れるようにしましょう。
ビタミンEを豊富に含む食品として、魚卵やアーモンド、シソなどが挙げられます。

 

いずれも一度にたくさん食べるタイプの食品ではないため、サプリメントなどで補うのもおすすめです。

関連ページ

あごのニキビはこうして悪化する
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。