ニキビの跡に残った赤みケア

ニキビは度々出来てしまうばかりでなく、治癒後にも色々な形で跡として残ることが多く、問題の多い難しい肌トラブルの代表といえます。シミと合わせてトラブルの元となるのは赤みで、一過性の炎症だと考えていたのに、長く赤みが引かず悩みの種となることは多いものです。

 

それではこういったニキビの跡に出来る赤みに対してどのような解決策があるのか、具体的に紹介しながら考えていきましょう。

 

 

なぜ赤みがそのまま残るのか

ニキビができた場合、それが重症化していくと炎症が毛穴に起きてしまいます。正常であれば免疫反応が細菌から体内を防御しようと働くため、炎症が起こるのです。そのため、炎症そのものに問題はないのですが、細菌に対して免疫が防御しようと戦闘状態になる点がポイントで、その戦闘時のダメージを受けるのが、戦闘箇所となっている細胞なのです。皮膚中にある毛細血管がそのダメージを受けることにより破壊されることで炎症やうっ血状態となり、そのまま肌の奥深くに留まった状態が跡に残ります。

 

このような要因で赤みがかかった箇所は、何も対処せずに放っておくと、場合によっては黒みがかった褐色のシミに変化することがあります。こういったシミは一言でいえばメラニン色素の沈着によるもので、皮膚細胞の損傷状態が長く続くと、メラニンを除去させる機能が働かなくなり、皮膚の奥深くでメラニンが滞ることになるからです。メラニンは元々は異なる物質の姿で体内にあるもので、初めからメラニン色素として黒みがかった色をしているわけではありません。そのため、このようなメラニンが原因のシミに関しては、メラニンの色素を上手に分解させ本来の状態へ修復させれば、予防することができるのです。

 

 

赤みに対するケア方法は?

今までの内容をわかりやすくまとめると、ニキビの跡の赤みの原因は、毛細血管が損傷したことによって起きる皮膚深部での炎症やうっ血、そして皮膚が受けた損傷が要因となってメラニン色素が沈着するケースになります。こういったトラブルのほとんどは肌のターンオーバーによって修復できますが、問題となるのはターンオーバーが正常にされない場合です。

 

原因が色素沈着にある場合は、分解作用のあるハイドロキノンを使用できますが、副作用の心配があるほか、肌質のなかには刺激が強すぎて悪化を招く事態もありえます。安全にゆっくりと修復させたい場合は、抗酸化成分といわれるビタミンCやビタミンEを補い、体内のメラニンの回復力を促すことで元通りの肌へと導くケアが効果的です。どちらも即効性が期待できるタイプの成分ではないため、焦らず時間をかけて継続したケアを続けることが重要となります。

関連ページ

ニキビの跡に残るシミのケアについて
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
ニキビと汗の関係性について
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
ニキビができたとき化粧水はどうする?
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
大人ニキビの芯は取った方がいい?
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
ニキビ体質は遺伝する?
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。