ニキビができたとき化粧水はどうする?

ニキビができたとき化粧水を控えるようにするべきという話、聞いたことがありますか?ニキビについては本当かどうかわからない噂のようなものをよく耳にするのではないでしょうか。化粧水に関してももしかしたらその噂の中のひとつかもしれません。以下で見ていきましょう。

 

 

化粧水が肌に与える効果

丁寧に顔を洗うことは大切ですが、洗ったあとの顔の肌は砂漠状態にあります。その際化粧水はお肌の手当ての中でもクリームなどの前につけますが、それは乾いていく一方の肌に水分を染み込ませて保湿するためです。化粧水の中に入っているお肌に良い要素も同時にぐんぐん染み込ませます。そしてそのあとにつける美容クリームなど脂を含んだケア製品の効き目を奥深く浸透させる役目を担います。

 

 

ニキビができた時は?

上記で述べたように、ニキビができているからと言って化粧水の役割を省いてしまっていいものではありません。逆に、きちんと含有成分を確かめて、いいものを使うようにした方が良いでしょう。ニキビ予防に関しては、様々なことに気を付けないといけないにも関わらず肌の脂を除去して清潔に保つことばかりが重要視されがちで、そのような点からしてニキビができたら化粧水は控えるべきと間違った捉え方がされているのでしょう。乾燥こそがニキビの大敵であり、脂ではないのです。

 

肌がたくさんの脂を出そうとする時は肌の水分が足りなくて乾いている状態の時です。顔を清潔にすることに特に気をつけるあまり、顔を洗い過ぎてしまったゆえに肌の乾きがより進むことがあります。肌を清潔に保つことは決していけないことではないので、そのように丁寧に洗ったあとは、化粧水、美容液、クリームやオイルで水分の潤いと有効成分を与え、乾きから守ってあげましょう。

 

そのような正しいお肌のお手入れは肌本来の防御力を促し、肌は自らがんばってニキビの発生を防ぐようになります。

 

なぜ間違った説が広まってしまうのか

美容製品の特性が間違った説を広めてしまっていると考えられます。できてしまったニキビをさらに悪くしているのはいつも使っている化粧水かもしれません。その化粧水は皮膚に強すぎる添加物を含んでいないでしょうか。化学的な人工のものではなく自然素材含有の美容製品なら肌に強すぎるということはないと思いますが、例えばあなたが添加物を多く含んだ美容製品を使っていてニキビの悪化がひどい時に肌がピリピリするほどでしたらその美容製品を使うことはお休みした方が良いでしょう。

 

さらにニキビには顔の脂が大敵というような誤ったニキビ予防の情報が、多くの美容製品に入っているオイルを避けているということもあるでしょう。ニキビを予防したいと考えている方は、間違った知識を持たないためにもきちんとしたお肌のお手入れの方法を覚えておきましょう。

関連ページ

ニキビの跡に残るシミのケアについて
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
ニキビの跡に残った赤みケア
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
ニキビと汗の関係性について
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
大人ニキビの芯は取った方がいい?
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
ニキビ体質は遺伝する?
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。