ニキビ体質は遺伝する?

正確な知識に基づいた情報やそうではないニキビの情報がたくさんある中には、「遺伝がニキビに関係している」という情報まで出回っています。それはやはりたくさんの人がニキビを気にしているがゆえのことでしょう。現に遺伝した肌質によってニキビが発生しやすいというのは一理ありますが、言い切ってしまうのは極論かとは思います。

 

 

ニキビは遺伝で発生する病気なのか?

最初に言い切ってしまいますと、ニキビは遺伝で発症する病気ではありません。医療の現場では、血友病や色覚障害のような完全に遺伝子によって決定付けられる病気を遺伝病と言い、生まれ持った病気であるため今の医療では治療の術がないものです。

 

ニキビには遺伝子や染色体もなく、また防ぐことも、状態を良くすることも、治すこともできるものなので、上記のような遺伝の病気とは言えないのです。ニキビはできる前にきちんと防ぐことが大切で、遺伝かどうかを考えることは必要ではありません。遺伝的なものというよりも、あなたのライフスタイルがどのようなものかでニキビのできやすさが決まってくると言えます。

 

このように元々ニキビが発生した状態で生まれるわけではないのでニキビは遺伝病とは言いませんが、遺伝でニキビができやすい肌質が受け継がれる場合はあります。

 

 

どんな肌の性質の人にニキビができやすいのか?

以下のような肌の性質を持っている人はニキビが発生しがちな肌と言えますので、ニキビの予防に力を入れることをおすすめします。

 

・小さめの毛穴を持っていて毛穴詰まりを起こしやすい
・皮膚のターンオーバーが滞りがち
・肌が脂性で、テカりやすい

 

以上の肌質は、親から受け継がれていることも多くあります。

 

 

遺伝子だけが継承されるのか?

子供に継承されるその大部分は親のライフスタイルであり、遺伝子だけではありません。つまり親の食べるものや好み、就寝時間などが長期にわたり子供に影響を与え、継承されていくのです。親が脂っこいものが好きでよく食べる家庭なら、子もおのずとそのようなものをよく食すようになるでしょうし、外に出ることが少なく運動嫌いな親に育てられた子でしたら、やはり同じような子に育つ可能性は高いでしょう。また子供の新陳代謝も親の睡眠時間が影響を与えることになるので、子供が親に合わせた生活をしているならば要注意です。

 

育て親のライフスタイルが子供のライフスタイルを形成するため、暮らしが乱れがちであれば、ニキビのできやすい行動様式がいつの間にか日常となっている場合もあり得るということです。

 

子供時代も含めて今までの生活を思い返してみましょう。建設的なことは、ニキビを親の遺伝のせいにするよりも、改善した方が良いと思うところがあればできるだけ直すように努力することでしょう。

関連ページ

ニキビの跡に残るシミのケアについて
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
ニキビの跡に残った赤みケア
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
ニキビと汗の関係性について
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
ニキビができたとき化粧水はどうする?
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。
大人ニキビの芯は取った方がいい?
顎ニキビしこりの治し方を知りたい方は必見です。なかなか治らない顎ニキビのしこりは専用のクリーム・化粧品で完治させましょう。