ビーグレンを成分からみた効果

自然成分のクレイが不要物を吸い込む

必要な脂まで洗い流すことはトラブルの原因だと考えるビーグレン。よくないのは、肌に負担をかける過剰な洗顔、過剰な皮脂の除去であるとしていますが、顔を清潔に保つことはもちろん重要です。しかし、保湿力とともに、肌が本来持っている、外部の刺激からの防御力を小さくしてしまう原因は、スクラブや、脂を無理に分解する刺激の強い成分で、皮脂を過剰に落としてしまったり、肌細胞が傷ついてしまったりするためです。

 

その点ビーグレンは、粒がとても小さい、ヘントナイトというミネラルから作り出された「モンロリロナイト」という自然のクレイを原料に使っています。ビーグレンでの洗顔後の、すっきりしているけれどしっとり、という感覚は、クレイが肌に負担を与えずに、無理に分解するのではなく、よごれなどの不要なものを吸い込んで落とす方法だからです。

 

 

ビーグレンが特別に開発した技術

肌細胞の奥深くまで浸透しなければ、いくら有効成分であっても残念ながら効き目は感じられないことになります。細胞の深いところまで浸透させることがニキビ予防に必要だと唱えるゆえのビーグレンの特別な技術。小さなカプセルが、ビタミンCなどの様々な有効成分を包み込み、細胞の小さなスペースから角質層の奥まで届けます。このカプセルは、髪の毛の太さの大体1000分の1という約100ナノメートルという大きさです。

 

このようにビーグレンが、潤いがたっぷり満ちた状態の美肌を生み出すのは、配合成分が、肌の本来持つ保湿力を機能させることを助けて、肌の防御力を強くするためなのです。