顎のニキビ・しこりは厄介

◆赤く膨らんだしこりニキビは目立って恥ずかしい
◆痛みが続き、なかなか引かない
◆一回出来てしまうと、その場所に何度も繰り返す
◆ボコっと膨らんでいて、気になって仕方がない

 

こういった顎にできるしこりニキビは、小鼻を中心としたTゾーンや、頬に出来た思春期の頃のニキビとは原因が違うので、大人ニキビと呼ばれています。

 

このしこりニキビの正体は、毛穴に詰まってしまった皮脂の奥で、アクネ菌が繁殖し炎症を起こした状態です。さらに、炎症により膿が蓄積され、しこりのように固まってしまっているのです。

 

 

そして、厄介なのは、この顎のしこりニキビは、誤ったケアをすると、ニキビ跡が残りやすいということです。表面は固くなってしまっていますが、炎症は皮膚の奥で起こっているため、体の内側からケアしていくしかありません。

 

長期化しやすく、肌の細胞がダメージを受け続けているため、周辺でもしこりニキビが発生しやすく、放置しておくと凸凹が残りやすいんです。

 

 

<顎のしこりニキビができる原因>

■ホルモンバランスやストレスなど、何らかの理由で皮脂を過剰に分泌
■皮脂が毛穴に詰まり炎症し、膿が蓄積されてしまっている
■スキンケアの不足(保湿不足、間違ったケア)

顎ニキビ・しこりの治し方

しこりニキビは、表面が膨れ上がっており、ニキビの芯や膿を皮膚の表面から出すことができないため、皮膚の内側からケアしてあげる必要があります。そのため、顎のニキビ・しこりを治すには、以下2点を徹底的に行ってください。

 

スキンケアを正しく行い、徹底的に乾燥対策をする


思春期など若い頃のニキビでは、乾燥させることに重点をおいて、汗をかかないように気を付けることで治していた人も多いはず。

 

しかし、顎のニキビ・しこりのような大人ニキビでは、逆に保湿が最も重要なポイントとなります。皮脂はなるべく抑えつつ、潤いを十分保つことが大切です。

 

元々汗をかくことが少ない顎は、インナードライ状態の乾燥肌となりやすく、かえって皮脂の分泌を過剰にしてしまうことから、ニキビがすぐできる状態になります。

 

また乾燥によって硬くなったしこりニキビの表面や角質層が毛穴を塞ぎ、ニキビが長引くの原因となっているのです。

 

 

肌のターンオーバーを正常化し、ニキビの原因となる皮脂を取り除く


肌の「ターンオーバー」とは、古くなった角質層が自然と剥がれ落ち、新しい皮膚が再生することを言います。

 

ターンオーバーのリズム(周期)が不規則のままだと、古い角質層がそのまま残り、毛穴の奥深くに皮脂や老廃物などの不要なものが溜るため、しこりニキビが再発してしまいます。

 

ターンオーバーを正常化することで、一気に綺麗な肌へと生まれ変わります。

 

 

顎の保湿を普段からのフェイスケアでしっかり行い、ターンオーバーのリズムを正常化させるには、顎ニキビに特化した専用ジェルクリームの使用が一番効果的です。

 

最近では、顎やフェイスラインのニキビケアに目的を絞った商品がたくさん販売されているので、美容雑誌、専門サイト、口コミを総合的に評価し、ランキング形式でご紹介します。
 

顎ニキビ・しこり【専用】おすすめクリームランキング

パルクレールジェル

薬用のパルクレールジェルは、顎ニキビなどのニキビに効くジェルです。含有成分の内、99パーセント近くが有用成分となっているアイテムです。

 

ツヤ、ハリ、美白、そしてシミを改善する効果もあって幅広いですし、刺激の少ない造りになっているもの魅力です。

 

皮膚を健全にキープし、秀でた保湿作用によって元来の綺麗さを引き出します。皮膚のストレスを和らげて、ホルモンバランスを安定させる効果もあります。

 

気掛かりな場所にジェルを塗布するだけという30秒間の簡単なケアで、毎日ニキビをケアする事が可能です。

 

また、多くの皮膚トラブルを一本で改善できるオールインワン商品でもあるので、多忙な方にも向いています。

 

  

 

価格 容量 評価

定期 4,980円

40g(約1ヶ月分) 顎,ニキビ,しこり

メルライン

メルラインは国産の顎ニキビ用医薬部外品でかなり売れています。

 

あごやフェイスランニキビの主な原因となっている「ターンオーバーの乱れ」「乾燥」「毛穴の皮脂詰まり」の3つを、これひとつでケアできるニキビ専用ジェルです。

 

高濃度で配合された10種類にのぼる保湿成分に加え、独自の手法で抽出されたビオカタライザープラセンタが健やかな肌へと導きます。

 

メルラインはニキビケア以外にも、美白や凹凸のない滑らかな肌への改善効果があるオールマイティーなジェルなのです。

 

さらに肌に優しい無添加プラスアロマの配合で、品質も大満足といえます。

 

  

 

価格 容量 評価

4,480円
(初回購入時)

55g(約1ヶ月分) 顎,ニキビ,しこり

ルナメアAC

富士フィルムが発売しているルナメアACは、富士フィルムにしかない潤い有効成分が配合されていて、それがニキビの元へ直に届いて大人ニキビを防ぐニキビケア用商品です。

 

敏感肌で刺激に弱く、長期間のケアが難しかった方や、効果がきちんと実感できないまま、繰り返すニキビに悩まされていた方に、肌にやさしい植物由来成分と、浸透力抜群の独自のナノ技術によって、ニキビの元へダイレクトに届いてケアしてくれます。

 

使用方法もまったく手間がかからず、たったの3ステップで済んでしまいます。使用後の満足度は84%という、たくさんの人が効果を感じている商品です。

 

 

価格 容量 評価

1,080円
(お試しキット14回分)

洗顔料:15g
化粧水:30ml
ジェルクリーム:12g

顎,ニキビ,しこり

ノブACアクティブ

ノブACアクティブは、ニキビケアに加えて美白対策もできてしまう大人気のケア商品です。肌をシミやそばかすの原因となる紫外線から守り、保湿とマイルドピーリングでつるつるすべすべな肌にしてくれます。

 

もちろん、実績もあり、改良を続けながら多数のニキビに悩む女性の助けになってきたノブACアクティブなので、全品ノンコメドジェニック済みで、ニキビケア効果は当然のこと、安全面でもバッチリです。

 

商品が今回リニューアルしたことより、保湿と美肌ケアの効果が上がり、なんと@cosmeのトライアル部門での口コミランキングで、このトライアルキットが1位になっています。リニューアルされたノブACアクティブの力は、品質も効果も使えば納得間違いなしです。

 

 

価格 容量 評価

1,500円
(お試しセット7日分)

メイク落とし:20ml
洗顔料:15g
化粧水:20ml
乳液:6ml

顎,ニキビ,しこり

ビーグレン

ビーグレンのニキビケア用セットは、余分な皮脂だけを取り除き潤いを保つことで、ニキビができない肌状態へと促すニキビケア商品です。

 

「モンモリロナイト」という名の天然クレイ成分での吸着洗顔は肌に刺激を与えず、肌表面や毛穴に潜んだ汚れをきちんと取り除きます。さらに独自の浸透技術によって、有効成分が角質層の奥にまで届きます。

 

リピーターは今でもたくさんいて、満足度も98%を超える高い評価から、大人ニキビで悩む多くの女性たちから絶大な支持を誇っています。

 

顎やフェイスラインのニキビに悩む方、繰り返し出来るニキビに悩む方、肌は乾燥しているのにニキビは出来てしまう方、敏感肌の方などに使ってほしい、大人に向けたニキビケア商品です。

 

 

価格 容量 評価

1,944円
(お試しセット7日分)

洗顔料:15g
化粧水:15ml
美容液:7mL
モイスチャークリーム:10g

顎,ニキビ,しこり

ラミューテ

ラ・ミューテが発売している美肌セットは、大人ニキビに頭を悩ませるたくさんの女性を救ってくれる美容商品です。メディアで紹介される機会も多く、注目を集めているのがうかがえます。

 

現代の女性のニキビ原因となる様々な要素へトータル的に働きかけ、ニキビを防ぐだけでなく、健康的な美肌へと導いてくれます。

 

肌の保湿や毛穴を清潔に保つ効果、ホルモンバランスの調整などすべての面での有効成分が多く配合されいているので、効果をきちんと体感できるはずです。

 

製薬会社との共同開発によって生まれたこの商品は敏感肌の方にも適していて、徹底的に選ばれた原料や管理された製法など、安全性や信頼性も抜群です。

 

 

価格 容量 評価

8,550円

洗顔フォーム120g
化粧水:100ml
美容液:30g(約2ヶ月分)

顎,ニキビ,しこり

パルクレールジェルが1位の理由について

高濃度の美容成分98.8%のニキビジェル
ニキビ跡が目立つ凹凸肌を滑らかにカバー
群を抜く浸透力で角質層からしっかり美白ケア

 

パルクレールジェルは98.8パーセントが美容成分で構成されている高濃度のニキビジェルで、顎ニキビの最大の要因の1つである乾燥を、きちんと保湿しつつケアしていきます。

 

秀でた浸透パワーで皮膚の潤いをキープして、ターンオーバーを整えて、ニキビの存在しない美しい皮膚へとスムーズに近づけてくれます。

 

さらに、しつこいニキビ跡のデコボコもきちんと和らげ、顎の黒ずみを美白していく作用も望めます。

 

上記3つの点が、メルラインの顎ニキビ専用商品が他社に比較して一歩抜きんでている理由といえます。

 

たくさんの人気モデルや海外セレブもリピートしており、売上実績が実力の高さを裏付けています。

 

 

パルクレールジェルの体験レビュー

今売れている「パルクレールジェル」を買いましたので、紹介していきます。これは医薬部外品で、顎ニキビとそのしこりのケア商品です。

 

注文はパルクレールジェルのオフィシャルサイトから。注文から3日後には家に届きました。

 

返金保証書、使用方法のガイドブック、概要資料等が入っています。

 

パルクレールジェル本品は、ホワイトでコンパクトなパッケージです。シンプルな感じが良いですね。

 

効果と効能はパッケージの裏に記されています。

 

配合成分は側面に書かれています。主成分は以下の2種類です。

アラントイン:抗アレルギー効果と抗刺激効果があり、皮膚の荒れをブロックしてくれます。皮膚を健全な状態にキープしてくれると言われています。顎ニキビをはじめ、ニキビ対策の定番成分です。

 

プラセンタ抽出液:キメを細かくする作用と美白作用があります。美容化粧品全般で重宝されている成分であり、皮膚をツルツルにしてくれます。

その他の成分も、98.8パーセントが美容成分・有効成分となっています。

 

ハリを良くする効果と保湿効果のある「コラーゲン」、「カミツレ花抽出液」、「ヒアルロン酸」、透明度をアップさせる「紫根抽出液」など、色々と入っています。

 

 

パルクレールジェルのテーマは「ホルモンバランスの正常化、ターンオーバーの安定、保湿によって、大人ニキビの要因を取り除く事」です。そして、それを成し遂げるための成分が含有されています。

 

また、浸透力が高いので、これらの有用成分が皮膚の角質層にまで、きちんと浸透しやすくなっているのもこのアイテムの魅力だと思います。

 

最初に言っていた概要資料です。

 

パルクレールジェルの使い方が記されています。顔に使うのであれば1日2度使用するのが目安のようです。塗布後に手の熱をしっかり伝えると浸透力が上がりやすくなるようです。

 

返金保証書も入っています。「永久」という事にはなっていますが、返金対象となっているのは、初回購入分だけなので覚えておきましょう。

 

ジェルが少し紫っぽいのもパルクレールジェルの特徴です。

 

パルクレールジェルには臭いがありません。無臭と謳いながらも少し香りのあるものが大半なのが、ニキビジェルというのものだと思っていたので珍しいと思います。

 

感触としてはやや弾力が強いと思いました。テクスチャはプルプルしています。

 

伸ばして、体温が伝わると皮膚に溶けていくような感じです。ジェルを取った折は少し固いような気もしますが、肌の熱が伝わると、柔化して伸びが良くなります。

 

 

使用してすぐはベタベタ感がありますが、数分経てばそれもおさまります。使用直後は、強い潤いがあり皮膚がモチモチになります。浸透性にも秀でていますね。

 

100パーセント添加物フリーなので、皮膚への刺激は全くありませんでした。顎ニキビをはじめとするニキビケアアイテムの基本をしっかり抑えていますね。

 

顎ニキビへの効き目に関しては後述します。

 

 

そして、こちらがカラーコントロールであり、付属品です。ベースメイクに使えます。

 

顔全域に塗っていると1か月も経たない内に使い切ってしまう量です。ですから、カバーしたい顎ニキビにピンポイントで塗布すると良いと思います。

 


手に乗せてみると、クリームのサラサラ感が分かります。固さはほぼ皆無です。

 

顎ニキビレベルの赤みであれば、しっかり隠す事が可能です。ニキビケア商品ですから、オイリーさがあまりなくサラサラ感が強いので、顎ニキビをエスカレートさせるような事は無いと思います。

 

ちなみに、クレンジングが無いと落とせないと思います。その分、長時間のお化粧にも耐えられますね。

 

顎ニキビへの効果

使用1週間

使用から3日目程度で、顎ニキビの炎症はかなり軽くなりました。1週間継続したあたりで、炎症はほぼ消えて、皮膚の状態も落ち着きました。

 

使用1ヶ月

新規の顎ニキビがあまりできなくなりました。皮膚が安定して、皮膚のトーンが全域的に少し明るくなったような気がします。

 

使用2ヶ月

使う前と比較すると、大幅に顎ニキビは消えました。ニキビが原因の黒ずみや赤みもあったのですが、ジロジロ見るようなことをしなければ、ほぼ発見できないくらいにはなったと思います。

 

皮膚が引き締まり、ハリも出てきたと感じています。そして、顎のラインも少し上がったような気がします。

 

また、顎ニキビのしこりが消えて、スベスベになったのが一番良かったです。そして、顎周辺の皮膚が明るくなったのも良かったです。

 

■まとめ

顎ニキビやそのしこりのケア商品として、大人気のパルクレールジェルですが、噂に違わぬ力のあるアイテムだと思いました。

 

これ1つが色々な効果を示してくれるので、顎ニキビとそのしこりケア等の労力が最小限で済みます。

 

優れたアイテムを購入しても、ニキビやそのしこりのケア手段が適切でないと、なかなかきちんと顎ニキビやそのしこりを治す事は叶いません。

 

しかし、パルクレールジェルは1日2度塗布するだけでOKなので、そもそも使い方を誤るはずがありません。

 

 

様々な化粧品を用いる事が原因の皮膚への負荷、そして金銭的負荷を抑える事ができるのも利点です。

 

顎ニキビ跡のデコボコには、さすがにあまり効きませんでしたが、色素沈着特有の黒ずみは、大幅に薄くなりました。

 

顎ニキビに伴う炎症と新規の顎ニキビも防止できたので、顎の状態が良くなって明るさもアップして、顔全域の印象も明度が増したと思います。

 

皮膚の弾力を上げたりハリをアップさせたりする成分も入っているので、顎が引き締まり、顎のラインが少しシュッとしたのも良かったです。

 

 

パルクレールジェルの魅力は、顎ニキビのさらに奥部に有用成分を供給する浸透力だと感じました。そのおかげで、解説してきたような効き目を実感する事ができたのだと理解しています。

 

塗布後に手の熱を伝えると、内側に潤いを閉じ込める事ができると思います。

 

返金保証制度もあるので、1回は挑戦してみても良いと思います。

 

 

>>>ランキングに戻る

 

 

メルラインの体験レビュー

日本でトップクラスの売り上げのある「メルライン」を実際に入手して試してみました。この商品は医薬部外品であり、顎ニキビなどに効くようですね。

 

注文はメルラインの公式通販サイトから行う事ができ、数日くらいで家に届きます。メルラインの説明書、簡単な資料、顎ニキビのための献立BOOKなどが同梱されています。

 

ちなみに、公式通販サイト以外の通販サイトでは購入できません。また、実店舗での扱いも一切ありません。

 

定期配送購入が可能で、それには返金保証システム(半年間)があります。定期配送購入の際は「少なくとも2回は連続して買う」必要があります。その他、定期配送購入に関する条件がいくつかあるので、確認しておいた方が良いと思います。

 

この「少なくとも2回」という部分に、メルライン側の配慮が見えますね。顎のニキビについては、角質層の奥の奥から治していく必要があるのですが、その折、ターンオーバーのサイクルを経て回復していきます。

 

「少なくとも2回」というのを守れば、そのターンオーバーをきちんと経る事ができるんです。

 

開発秘話や、メルラインユーザーの変化や使用モデルなどをチェックする事が可能です。

 

当然個々人で差はありますが、継続使用すれば20日〜60日くらいで、何らかの効果を感じるというケースがほとんどだそうです。

 

私が良いなと思ったのが「顎ニキビのための献立BOOK」です。「フードプランナー」と「インナービューティーアドバイザー」という二足の草鞋を履く先生が書いた、顎ニキビを治して、美肌を目指すための献立BOOKです。

 

ニキビに効果的な食品そのものは、私もそれなりに知っているつもりですが、それらを使って日々飽きないように料理するのって、結構大変なんですよね。ですから、この献立BOOKはかなり役立つと思います。

 

口コミが全体的に良いせいで、ネットでは「メルラインステマ説」も少し流れています。ですが、これはメルラインの購入者からの手紙です。

 

裏も表も文字でびっしり埋め尽くされており、メルライン本社の壁に実際に貼ってあります。実際、社長さんもステマの類を完全に否定していますし、このような手紙もあるという事なので、信頼して良いと感じました。

 


取り出すと、それほど大きい化粧品ではないという事が感じ取れます。典型的なオールインワンパッケージであり、丸みを帯びた容器です。

 

主成分は2つです。

グリチルリチン酸ジカリウム

抗炎症、消炎、抗アレルギーなどの作用に優れ、ニキビが原因の炎症等を防ぐ。

 

水溶性プラセンタエキス

新陳代謝の向上、美白、細胞活性、シミ・シワ防止などの効果があります。ターンオーバーを安定させ、ニキビを根本から治してくれます。

 

これら以外も、全て保湿成分で成り立っています。メルラインのコンセプトは「ニキビを防止」し、「ターンオーバーを正常」にし、「大人ニキビの引き金である乾燥を防止すべく、可能な限り保湿する」です。

 

このコンセプトに沿った成分構成となっています。ちなみに、保湿成分として有名なセラミドは入っていません。社長さんが言うには、セラミドは保護作用の方がメインであるとの事。浸透力を高めたかったので、メルラインは外したそうです。

 

箱を開けると、用法が書かれています。
朝方と夕方の2回、専用のスパチュラを使い2杯(2g)分を掌に取り、気になる場所に優しく塗るだけでOKです。

 

顎だけでなく、デコルテ、顔全体等、全身に塗る事ができます。乾燥したり肌が荒れたりしている箇所にかなり効きそうですね。

 

内ブタにスパチュラは付いています。フタを開けた際に、本体のフタと内ブタがくっ付いて、専用のスパチュラが死角に入る事がありますので、気を付けましょう。

 

メルラインには防腐剤等が入っていないので、かなりの低刺激となっています。その分、直接で手で触れてしまうと、メルラインに雑菌が混ざってしまう事があるので気を付けて下さい。

 

そうなると効果が下がる場合がありますし、不衛生なので、必ず専用のスパチュラを使いましょう。

 

白いジェルクリームで、半透明です。「微かなメンソレータムの匂い」と言えるかもしれませんが、匂いがほぼ分からないという方の方が多いと思います。

 

メルラインの公式ページでは、この匂いを「ティーツリーの匂い」と称しています。アロマの仲間ですね。高いリラックス効果があります。

 

この解説を見ると、メンソレータムだと思った匂いが、高原を連想させるスッキリした香りに思えてくるので不思議です。ちなみに弾性は普通ですが、スパチュラがあっさり立ったので楽でした。

 

触った感じでは、非常にプルプルしています。

 

更に伸ばします。掌の熱が伝わったのか、スパチュラですくった時の感触よりも大幅にさらさらした使い心地です。少しの分量でもかなりの広範囲に塗れます。心地よい伸びですね。

 

塗ってからも1分経たないくらいで、すぐにさらっとしてくれますし、ベタベタ感も全然ありません。即座に浸透力に優れているかどうかは判別できないでしょうか、保湿効果は明らかに高い事が実感できるはずです。

 

顎ニキビへの効き方

初週

1日目はほぼ変化無しでしたが、2日目には少し痒みが和らぎました。ですが、やっぱり目立つ変化だとは言えません。

 

3日目くらいには、赤みは残存しつつも、炎症自体は大幅に良くなっていました。1週目が終わるくらいには、痒みも炎症もほぼ無くなりました。

 

3週目

朝方と夕方、1日2回欠かさず塗っています。顎周辺の肌が多少透明になってきているように思います。それまでは、定期的に何度も何度も顎ニキビに見舞われていましたが、新規のニキビはハッキリと減っています。

 

2ヶ月目

まだ多少残るものの、ニキビフェイスが明らかに良くなってきています。新規の顎ニキビはもうできませんし、顎ニキビが生じていた場所の黒ずみも、さらに薄くなりました。
それに、ニキビ跡の凸凹も大幅に改善してくれました。メルラインには引き締めやハリを向上させる効果(水溶性コラーゲンによる)があるので、そのおかげだと思います。

3ヶ月目

ニキビ跡のデコボコは、完全とは言えないものの、メルラインを使う前よりも明らかに目立たなくなりました。

 

それに、顎等の黒ずみを淡くなったので、顔全体の透明感が向上しました。そして、引き締め効果のおかげで、フェイスラインがスッキリと引き締まりました。

 

■まとめ
【評判との差異を感じた部分】

公式には、「ニキビ跡のデコボコ肌を、乳幼児のようにツルスベにする」と紹介されていました。ですが、もちろん良くはなりましたが、そこまでは改善されませんでした。

 

ある意味、当然ではあるんですけどね。クリームの引き締め・リフトアップ効果がどれだけ高くても、陥没した皮膚のデコボコは、手術を施さないとまず間違いなく回復しません。

 

ですが、小さなデコボコならば目立たなくなるかもしれません。現に、デコボコは治りませんでしたが、触った折の引っ掛かりが無くなり、スベスベになったので良かったと思っています。

 

【私の評価点】

顎ニキビ用のジェルクリームとして以前から知ってはいましたが、評判やトータル販売個数に見合った、非常に良い商品だと思いました。

 

顎ニキビを改善する折に最も重要な「角質層の保湿」もしっかり行ってくれて、ターンオーバーをきちんと正常にしてくれました。3か月目くらいには、以前の綺麗な顎周りにかなり近づいてくれました。

 

メルラインは、塗ってから1分くらいで肌に馴染んてサラッとするので、メイクヨレ等、邪魔になる事がありません。また、オールインワンジェルという特性上、工夫して使えばメルラインだけでケアを済ませる事ができます。

 

そうすれば、化学系成分等が配合されているかもしれない他の商品を使う、というリスクが無くなるので、この点も良いと思いました。

 

浸透力と保湿力が非常に高い事もあってか、皮脂量もかなり減少しました。ベースメイクにメルラインを使ったら、日中のテカりも大幅に改善されました。

 

 

顎ニキビのケアは当然として、美白や引き締め効果等で、肌の透明感を上げる事もでき、最先端の美容品だと言えると思いました。色々なケアに使えると思います。

 

顎ニキビを治すために使い始めましたが、だんだん顔が引き締まってきたんで、予想外の効果を実感できて良かったと思っています。

 

<補足>
最初の数週間くらいは、肌にメルラインが馴染みにくいというケースがあります。もしメルラインを塗布しても、なかなか潤わないと感じるのであれば、「2度塗り」を試してみて下さい。1回塗って、数分経ってからまた塗るのです。

そうすれば、浸透してくれると思います。肌に定着すれば、肌のしっとり感とハリが大幅にアップするはずです。

 

ヒトのターンオーバーの周期はおよそ28日です。ですから、最低1か月程度は使わないと効果を実感できないというケースも少なくありません。

 

ただ、半年間の返金保証システムがあるので、試すにあたってのハードルは低いと思います。

 

 

>>>ランキングに戻る

顎ニキビ・しこりができる原因とは?もっと詳しく知る

大人ニキビといわれる中で、代表格となるのがこの顎ニキビ。この顎ニキビ・しこりに頭を悩ませる方も少なくないでしょう。そんな顎ニキビ対策のために、まずは原因ついて詳しくみていきます。

 

まずは専門家の意見を確認

 

雑菌

自分の顔を度々触ってしまうという人が、顎のニキビで悩んでいる人に多く見受けられます。これは思春期のニキビなどでも言えることです。中でも、ニキビを繰り返す人は、この傾向が強いです。

 

このような行為は、ニキビ自体に刺激を与えて悪化へ導くだけでなく、手に付着した色々なばい菌がニキビにつくことでニキビの状態をも悪化させます。

 

例えばコンシーラーなどで気になるニキビを隠して目につかなくする方法があります。また、バンドエイドを貼るといった手軽な方法は男性ならおすすめですが、外見も大切な女性の場合は可能な限りメイクで隠す、あるいはマスクで隠すのが無難ではないでしょうか。

 

なるべくニキビには触れず、最悪触れてしまっても手で直に触れること避けることが、顎ニキビ・しこりの対策として大切です。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

顎ニキビに限らず、ニキビの原因で忘れてはいけないものが、「ホルモンバランスの崩れ」です。女性ホルモンの量というものは、実はスプーン一杯程度しか一生のうちにないといわれ、身体への影響がごく僅かな変化でも引き起こされてしまうのも頷けますね。

 

そんな女性ホルモンですが、月経前症候群(PMS)をはじめ、ストレスや生活サイクル変化、環境の変化や疲労といった様々な要因ですぐに変調が起きてしまう、特に乱れやすいものです。

 

このホルモンバランスが崩れることによって何が変わってしまうのかといえば、ホルモンの中で男性ホルモンの働きが優位の割合となり、過剰な皮脂分泌といった現象を引き起こすことになるのです。そのことで毛穴に皮脂が溜まりやすい皮脂過剰の肌、いわゆるオイリー肌となり、ニキビがすぐできる環境をつくってしまいます。

 

 

男性ホルモンによる影響

男性にしかないと思われがちな男性ホルモンですが、実は男女問わず体内にはあります。しかし、元々の男性ホルモンの量が男性と比較して女性は約5〜10%程度と少ないため、あまり普段はその影響を受けないのですが、やはりそのバランスが崩れるとトラブルの元となります。

 

一般的に男性は顎に髭が生えますが、それは男性ホルモンが影響しているからであり、顎周辺は男性ホルモンに大きく影響をうけている部位なのです。

 

男性であれば元々毛穴は髭のために開いている状態ですが、髭のない女性は男性と違い小さい毛穴のため、過剰な皮脂分泌によってすぐに詰まりを引き起こしてニキビがすぐできる肌状態になるのです。

 

このとおり大人ニキビの原因のひとつに男性ホルモンが挙げられるのですが、例えばジヒドロテストステロンといわれる男性ホルモンの一種は、過剰なストレスによって分泌されるもので、それが顔の皮脂腺の可活動を引き起こしニキビのすぐできる肌環境に変えてしまうのです。

 

 

女性であれば、肌の調子が生理日前後は崩れてしまうという方も多いでしょう。その原因も、やはりホルモンバランスが崩れることにあります。黄体ホルモンの分泌は、排卵日〜次の生理日までが最も活発になっており、それに合わせて皮脂分泌の量も活発になります。その理由は、アンドロゲンという男性ホルモンのひとつの働きに黄体ホルモンが似ており、同じように皮脂分泌を過剰にさせてしまうためです。

 

乱れたホルモンバランスの調節にはには、生活サイクルを見直し、アロマの力を借りてリラックスに努めたり、サプリメントを上手に取り入れて有効成分を補うのがおすすめです。

 

 

胃腸の調子の乱れ

ニキビや肌荒れは、胃腸の調子が思わしくないときになりやすい場合も多いようです。直接にニキビの原因とはならないようですが、やはり影響は少なからずあるそうです。

 

考えられる原因として、胃腸が調子を落とすと体内で消化が滞ってしまい、不純な毒素が胃腸内に留まります。その毒素を体内から排出しようと毛穴は働きますが、強いダメージを毛穴は受けつつも働きつづけるため、ニキビができてしまうのです。

 

 

疲労やストレスといった外的要因に左右されやすく、とても敏感な器官である胃腸なので、栄養バランスと消化に良い食事に気を付け、生活サイクルも整えて十分な休息に努めましょう。

 

さらに、胃腸の調子の悪化は冷えや便秘が引き金となって起こることもあるため、
このような状態に陥らないよう生活習慣も考えることが重要です。

 

 

夏場に冷房温度を低めに設定しすぎたり、冷たい飲み物や食べ物ばかりを摂取したり、また果物や野菜といった食物繊維豊富な食品をきちんと摂らないなど、悪い生活習慣が胃腸の不調を招き、ニキビのできやすい肌状態を作ってしまうのです。

顎ニキビ・しこりの治し方を詳しく見る

フェイスラインを中心として出来てしまう顎ニキビやしこり、思春期に出来たニキビと違う、いわゆる「大人ニキビ」の治し方について、解説していきます。

 

専門家の意見をチェック

 

<顎ニキビ・しこりできるまでの過程>

@ホルモンバランスやストレスなどで、皮脂が異常に発生
          ↓
A毛穴に皮脂が詰まりアクネ菌が繁殖
          ↓
B炎症をおこし、ニキビやしこりへ変化
          ↓
Cニキビ表面は乾燥し、外側からのケアは難しい

 

顎ニキビの原因として挙げられるものは、上記の順番のとおり、「ホルモンバランスの崩れ」、「皮脂の過剰分泌」、「乾燥」となります。

 

人間なら誰しも持つ皮膚の細菌にアクネ菌がありますが、このアクネ菌はニキビの原因の大元となるもので、アクネ菌の作用によって炎症したりしこりニキビができます。加えて、アクネ菌が皮脂を好み、皮脂を養分として増える性質のため、皮脂に対するケアはとても重要なのです。

 

他には、皮脂の量はホルモンバランスが崩れることによって増えるため、ホルモンバランスをしっかり整えることも大切です。実際どのようにケアしていくかを紹介します。

 

 

保湿ケアで乾燥対策をする

顔の脂が気になるからと必要以上に洗顔をしすぎがちですが、逆に肌の乾燥を招き、乾燥から肌を守ろうと皮脂分泌が活発化してしまいます。そこから顎ニキビやしこりへとつながる要因になるため、洗顔後の保湿は重要で欠かせません。

 

元々古い角質は自然と剥がれ落ちるのですが、乾燥によりうまく剥がれ落ちず、古い角質が溜まっていくことで毛穴を塞ぐ原因にもなります。

 

顎は無意識に触れる機会が多い箇所で、雑菌が付着することも多い箇所なので、洗顔時には特に注意が必要です。洗顔中にも強い刺激に注意して、豊かな泡で包み込むように洗顔するようにし、手でゴシゴシ洗わないことを気を付ければ炎症は抑えられます。

 

保湿には化粧水をはじめ、クリームや美容液といった保湿に有効な成分がたっぷり含まれたものを使用するのも効果的です。

 

 

ホルモン対策で皮脂の増加を抑える

ホルモンに対するケアとしては、いかに男性ホルモンの量をコントロールするかが鍵です。なぜなら、皮脂の量は男性ホルモンの量に比例して増加するためです。

 

顎は特に男性ホルモンの影響を受けやすく、過剰な皮脂を皮脂を抑制して顎ニキビ・しこりを予防するためには、男性ホルモンの増加の防止が必要です。

 

 

元々顎ヒゲがある男性であれば毛穴も開いているため、男性ホルモンが多少増加してもすぐにニキビにはなりにくいのですが、毛穴が小さい女性ですと、毛穴詰まりも起きやすく、微量の男性ホルモンの増加でも大きく影響を与えることとなります。

 

まずは生活サイクルを整え、ストレスを溜めこまないようにすることが毎日自宅でもできる対策法です。ホルモンバランスは日々の少しの変化で影響を受けてしまうので注意が必要です。

 

過剰な皮脂の分泌や角栓の原因となる男性ホルモンですが、セルフケアによる顎ニキビ対策をしても、何度も何度も顎ニキビが再発する場合は、病院にいくという手段もあります。皮膚科の病院では、男性ホルモンを抑えるためのホルモン治療をしてくれます。

 

 

その他

肌のピーリングやレーザーによる治療も、顎のニキビ対策の手段の一つといえます。ただし、元からニキビを絶つ治療法ではなく、あくまでも症状を軽減させるためであり、何より余計な負担を肌に負わせるという危険性もあります。最悪な場合には、肌に大ダメージを与える結果となるリスクもはらんでいます。

 

 

ホルモンバランスを整えることと保湿を常に第一に考え、過剰な皮脂分泌の抑制、肌を清潔に保ち続けるという2点に重点をおいた基本的なケアが大切です。